カテゴリー:アイテム紹介, フィールドレポート, ルアーフィッシング, ルアーフィッシング 作成者:

夏シーバス「涸沼」 釣行レポート

夏シーバス「涸沼」 釣行レポート

いよいよ本格的な涸沼シーバスシーズンがやってきました。ムシムシ暑い日が続くとどうしても気になってきてしまいWI [...]

いよいよ本格的な涸沼シーバスシーズンがやってきました。
ムシムシ暑い日が続くとどうしても気になってきてしまいWILD-1スタッフは行きたくてうずうずしてきてしまいます。

そんなこんなで近々の涸沼情報を調べると 涸沼川はまずまずの様ですがイマイチ涸沼の情報が少なく、釣れていなくはないみたいですが…少ない情報では、昼間~夕マズメに掛けて沖にいるベイトが岸際のアシの中に入るまでの暗くなる迄がチャンスの様で、夜中~朝方は今ひとつとの事。

ベイトも小さくイナッコサイズではなく俗に言うハクサイズ。

何か難しそうなワードが並びます。
 
そんな事はともかくWILD-1スタッフで行ってきました。

到着するなり大雨。
出足から2時間位車で待機となり、結局釣り開始は夕方の6時過ぎ。

結果は夕方明るい内は沖目のベイトの塊を狙い、暗くなってベイトが岸際になってからは、極力ウェーディングも控えめで岸と並行~45度位までの岸よりを狙い、いい感じの・・・・・いや出来すぎな釣果に恵まれました。

圧巻はOさんの釣った96㎝ 

WILD-1スタッフがランディングを手伝ったのですが、浮いた瞬間魚の大きさにびびりランディングに手こずりました(何か超怖かったです)

 

【ミニスライト75 WILD-1オリカラ3色】
今回の釣果は2人で合わせて4本でしたが すべて先日発売となったエクリプス・ミニスライト・WILD-1オジナルカラーでの釣果。

(画像上から ①リアクションボラ②ダメージベイト③インパクトチャート

96㎝は画像真ん中の 【WILD-1オリジナルカラー ダメージベイト】にて釣れました。

涸沼攻略の定番バイブ・ミニスライト 早引でも、リフト&フォールでも抜群の実績を誇ります。
今回はRODティップを上にして、早引で極力上を泳がせるパターンがはまりました(ポイント的にも超浅かったので…)

カラーの使い分け的には コレと言った感じはありませんが個人的には・・・
パイロット的にまず1投目は①リアクションボラ。
ナチュラルに攻めたい時は②ダメージベイト。
アタリを出したとき?何故かバイトが多く出るのが③インパクトチャート。

みたいな感じでWILD-1スッタフは使っております。
いずれにせよ3色すべて超実績大カラーですので是非試してみて下さい。
※WILD-1各店(栃木・茨城・千葉の店舗)またはWILD-1オンラインストアにて取り扱いしております。 

また涸沼に釣行される際、2つ程お願いがあります。
特に夜間は周辺住民に最大限のご配慮をお願いします。
またこれからの高水温期は魚の弱りが圧倒的に早いです。
ランディングからリリースまで極力魚にダメージを与えないよう魚にも優しくお願い致します。

これから最盛期をむかえる涸沼
是非皆さん行ってみてください!