カテゴリー:フィールドレポート, ルアーフィッシング 作成者:

浜ちゃん釣行記② 十和田湖のヒメマス 

浜ちゃん釣行記② 十和田湖のヒメマス 

WILD-1仙台泉店のフィッシング担当、浜田・・・通称「ハマちゃん」彼はとにかく釣りに行きまくっています。 渓流・湖・サクラマス・オフショア青物・根魚・タチウオ・ルアー・フライ・・・釣りならなんでも・・・仙台から千葉のオ […]

WILD-1仙台泉店のフィッシング担当、浜田・・・通称「ハマちゃん」
彼はとにかく釣りに行きまくっています。 
渓流・湖・サクラマス・オフショア青物・根魚・タチウオ・ルアー・フライ・・・釣りならなんでも・・・
仙台から千葉のオフショア午前船に乗る・・・なんて感じのスケジュールも簡単にこなします。

今回はそんなWILD-1きっての釣りキチからのレポート第2弾。
東北の秋では人気のターゲット「十和田湖のヒメマス」釣行記となります。

「2016年秋田県十和田湖10月ヒメマス解禁」
秋も深まる10月、東北地方もほとんどの渓流が禁漁となりますが、10月1日に解禁となるのが秋田県・青森県に跨る十和田湖のヒメマス釣り。
他のトラウトが禁漁となる時期だけに近年は全国各地から多くのトラウトアングラーが訪れています。

例年ですと10月中~下旬には紅葉が見頃になりますが、今シーズン10/15時点ではまだ一部が色着いている程度。
時期が合えば紅葉の映える中、真紅に染まったヒメマス釣りも楽しめます。

 釣りをするポイントは崖下のガレ場や砂利浜、流れ込み、桟橋など。
時期や天候によって接岸状況は変わるため、より魚の回遊が多いポイントを見つけ出すのがカギとなります。

 岸際の浅場で産卵行動に入っている魚はルアーへの反応が鈍いですが、その周辺を回遊している魚は高活性。
特に赤く色着いたオスは引きも強く果敢にルアーへアタックしてきます。

 

メスは引き味ではオスに一歩劣りますが、お腹一杯に抱卵しているイクラを食べたいがために持ち帰る人も多いです。

 

HITルアーはシーレーベル アドロア モーダ 4.6g、6.8g
スミス Dコンタクト50、63
Dコンセプト DUOスピアヘッド リュウキ50S などが有効でした。

今回はある程度沈みの速いルアーのリフト&フォールへの反応が良く、カラーはチャートリュース、蛍光オレンジが圧倒的に高反応でした。
状況により赤や黒、ピンク、紫も良かったりするので、カラーは多めに用意した方が良いでしょう。
裏技として蛍光シールを貼ったりケイムラ塗料を塗るのも効果的とかと思います。

十和田湖は国立公園内のため、キャンプ場以外でのキャンプや焚き火などは禁止。
キャンプ場は何箇所かありますが、おすすめは設備が整い湖畔にテントの張れる宇樽部キャンプ場(場内での釣りは禁止)。
釣ったヒメマスを食べつつキャンプするのも良いでしょう。

 十和田湖は遊覧船や宿泊施設も多く観光にも最適。
秋田県側には「きりたんぽ」、青森県側には「十和田バラ焼き」と一度は現地で食べたい名物もあります。
釣りだけではない楽しみも求めてぜひ行ってみましょう!

 【十和田湖ヒメマス釣り データ】

入漁料:日釣り¥1,000(持ち帰り20匹まで)
ボート使用の場合¥2,000